ル・日本食堂 / 堺筋本町

フレンチビストロです。
私はランチ利用が多いです。

ココのランチ超おいしいんすよ。
ワンプレートなんだけど、皿の上に起伏があります。平坦な味じゃない。

nihon

例えばバジルオイル、例えばクミン、アニス、ちょっと「お?」って思う味が隠れてます。
つけあわせの野菜もしっかり仕事されていて、じゃがいもはほっこり味が染み込み
えんどう豆なんかはしゃっきりみずみずしく青々とした色を添えてます。
なんだろう、飽きない。

800円のランチに200円足せば、コーヒーと自家製フランがついてきます。
このフランがまたおいしいんだ。なので絶対つけます。

これで1000円。東京なら倍とられるわ!と大阪に住んでいることを喜びつつ、
週に1度の楽しみとしております。

ディナーも美味しいよ!

「ル・日本食堂」は堺筋本町にあります。

――――――――――――――――――――
オシャレ本棚探し中。

龍福小籠堂 / 茶屋町

小籠包と言えば台湾!ですよね。
台湾でも小籠包食べましたし、台湾から日本に進出しているお店もありますが
わたし、日本で食べるなら、ココの小籠包が一番好きです。
(台湾ではなく、上海スタイルだそうですが)
一番好きなわりには店名を覚えられず
「あのほら、Nuの小籠包の店!」と言ってます。友達にはそれで通じます。

メニューには、トマト小籠包やふかひれ小籠包などもありますが
まずはプレーンな小籠包を食べていただきたい。

syouron

れんげに乗せて、上のキュッと絞ってあるところを噛みまして、
中の汁をチュウと吸う!熱っ!やけどしないように!
黒酢(または酢醤油)とショウガを添えて食べるのです。
お好みで辛子もどうぞ。ウマー。

あとここは、海老春巻きもおいしいです。ぷりぷりで。ビールが進む味です。
その他、エビチリ、焼売、空芯菜炒めなど、ふつうの中華や点心も全部イケてるので
いろんなメニューを食べたい場合はぜひ大人数で行くことをお勧めします。
6人以上がよろしいかと思います。

「龍福小籠堂」は茶屋町にあります。

――――――――――――――――――――
SEO対策

旬味ひげ / 西天満

ここの鴨吸い(鴨のお吸い物)はほんともう絶品で、
かつてはよくランチでお世話になっていたのですが、職場が変わり、
しばらく行かないうちに、いつの間にかランチがなくなっておりました。ショック!

でも寒くなるとどーしても食べたい鴨吸い。
風邪の引き始めならこれで治していた、鴨吸い。

つーわけで、初めて夜に行きました。夜は居酒屋さんなのです。

待望の鴨吸い!

hige

きゃー!これ!これだけあればいいの!
(刺し身盛りからポテサラからいろいろ食べたけど)
鴨肉と、そこから出たいいお出汁に、ネギと卵と豆腐が入っております。
お好みで、山椒をちょっと入れて食べる。一味を入れてもいい。
味は、滋味と言いますか、鴨からホンマにエエお出汁が出ておまして
舌を持っていかれるような心地がしますな。(「味の招待席」風に)(わかる人だけわかれ)
なんせ体が温まります。

居酒屋さんなので他にもいろいろ美味しいメニューがありますが、
「ひげ」に行って鴨吸い頼まないのは損です!

「旬味ひげ」は西天満にあります。

――――――――――――――――――――
MY4-Link サイト集

グリルピエロ / 肥後橋

ハンバーグを食べたくなったら、まずここを思い出します。
もう15年くらい前から行ってるけど、変わらぬ味、
変わらぬおっちゃんとおばちゃんの気持ちいい接客。
ああ、変わらないでー!ずっとそこにいてー!

まず突き出しに冷奴が出ます。
その間に大将がもやしを炒め、ゴンゴンに熱した鉄プレートと共に
オーブンでハンバーグを焼きます。
つけあわせはもやしの塩コショウ炒めとポテト!
レーズン入りのハンバーグにはチーズとよく煮詰めた特製デミソース!

pierrot

これです。じゅわじゅわの状態でサーブされます。シズル感です。
まず口の中をやけどします。
慌てずお食べなさい。

ランチ営業のみのため、今はもう土曜日しか行けなくなってしまいましたが
時々発作的に行ってます。

「グリルピエロ」は肥後橋にあります。

――――――――――――――――――――

特選相互リンク

玄三庵 / 大阪駅前第1ビル

玄三庵と書いて「げんみあん」と読みます。
私が行くのは1ビル店。
「野菜たっぷりでヘルシーな晩ご飯を食べたい!」という時に利用します。

家の近所に激安定食屋さん(500円のお店と600円のお店が1軒ずつ)があるので
ココを利用するのはふところが温かい時のみ。(定食は夜だと1050円です)

基本的に注文するのはこの「39品目の健康定食」。

eki

メイン1品に旬野菜おかずが3品、玄米ご飯とお味噌汁で600Kcal。
これ、家で毎晩つくろうと思ったら相当大変ですよ~。
主婦じゃないと無理かもね。夜まで働いて家帰ってからこれつくるのは無理ッス。

バランスのとれた(野菜多めの)おいしい晩ご飯。ほんと毎日食べたい。嫁が欲しい。
嫁っていうかメシスタントが欲しい。

「玄三庵」は梅田にあります。

――――――――――――――――――――
本棚の買い替え考え中。

STANDARD BOOKSTORE / 三ツ寺筋

本屋さんです。
ものすごく趣味のいい、本と雑貨のセレクトショップ、とでも言いましょうか。
ヴィレッジヴァンガードをもっと洗練させて大人用にしつつも
遊び心を忘れない、的な。
本当に素敵な、時間を忘れる本屋さんです。うっとりです。

本屋さんなのに「うまい店」というのは
ここはBOOKCAFEだからなのです。
その辺の、カフェにちょっと本棚がある程度とかそういうレベルではございません。
どーんと本屋さんです。
しかも、精算前の本をカフェに持ち込めます。
飲み食いしながら(本を汚さないようにね)ゆっくり読んで
気に入った本を買います。大概気に入るんですけども。

カフェに入ろうとして、びっくりしたのは、
静かだから空いてるだろな、って思ったら
ぎゅうぎゅうに混んでいて、席を確保するのに苦労したこと。
皆さん本を読んでいらっしゃるので、基本静かなんですね。

そんで私は、豆乳ほうじ茶ラテを頼んで
友達そっちのけで(友達も私をそっちのけで)本を読んでいたので
写真をとるのを忘れて、
写真がございません。

すみません。HPのキャプチャを入れてお茶を濁しておきます。

WS000003

潔いですね。セレクトショップなんですよ、やっぱり。

私が行ったのはミナミですが、茶屋町にもあるそうです。

「STANDARD BOOKSTORE」は心斎橋にあります。

――――――――――――――――――――
オシャレな本棚も欲しくなります。

Micasadeco&Cafe / なんば

パンケーキ、ブームですね。
私が大阪で最初にパンケーキブームを意識したのは
「Butter」が茶屋町に来た時です。
あれから3年くらい経ちましたっけ。
パンケーキ屋さんは増える一方で、
いくら好きだからってとてもじゃないけど全部チェックはしてられません。

が、友達が「ここ行ってみたい!」と言うので行きました。
Micasadeco&Cafe(ミカサデコ & カフェ)。
とりあえずなんばで出口を間違えて、高島屋からHatchまで歩きました。

なんばHatchのすぐ近所にあるこのお店は、ガラス張りで明るい雰囲気。
店内も日当たりがよくて気持ちいいです。

そして、パンケーキは「もっちり」と「ふわふわ」で生地が選べます。
私は「もっちり」で「ココナッツカスタードのパンケーキ」にしました。

image004

1050円とまー、そこそこのお値段ですが、これはおいしい!
3枚のもちもちパンケーキに、ココナッツの風味がしっかり効いたカスタードが
これでもか!というくらいたっぷりかかっていて、くるみがちりばめられています。

カスタードが軽めだから、いくらでも食べられそう。否、飲めそう!
あれですね、ホットケーキも飲み物だったんですね。

友人は「ふわふわ」で「リコッタチーズのパンケーキ」にしていました。

image005

一口もらったけど、口の中でシュン!と溶けてしまうような、スフレのようなパンケーキ。
メレンゲをバッキバキに泡立てて、粉とはさっくり混ぜただけな感じ。

スムージーメニューも充実していましたが、私は紅茶と一緒にいただきました。

「Micasadeco&Cafe」は湊町にあります。

――――――――――――――――――――
カジュアルWebSitesランキング

鉄板居酒屋 牡蠣 やまと / 天王寺

Rのつく月のうちに!というわけで行ってまいりました牡蠣料理。
ここは1年中牡蠣が食べられるお店なんですけど、やっぱり寒い日の方が気分です。

まずは生がき。

image01
レモン、ポン酢、わさびじょうゆ、サルサソースから選べます。
わさびじょうゆ最高です。つるりつるりともう、牡蠣は飲み物ですね。

そして焼きがき。

image02

殻をこじあける時に不思議の国のアリスの牡蠣ベイビーズのビジュアルがよぎりました。
ごめんね、でも美味しいよ。

そしてオイル煮(アヒージョ)!
image03
このあたりからもうテンションが上がってしまって
牡蠣写真を撮っておりません!

あとは白ワイン蒸し(スープまでぜんぶおいしい!)とカキフライと
牡蠣おこ(お好み焼き)をいただきました。
お茶漬けまで行けなかったのが残念です。

あとはサラダと、ビールなどを2~3杯飲んで、1人4000円行きません!
やすっ!
これ東京やったら7000~8000円いくで!
と言いながら帰ってきました。また行きたい。

 

「鉄板居酒屋 牡蠣 やまと」は天王寺/阿倍野にあります。

――――――――――――――――――――

ページランク表示ツール